1929年創業 - Mägerle AG Maschinenfabrik フェーラルトルフにて

歴史

はじめに

難易度の高い分野で得た高い評価

Mägerleの平面研削盤とプロファイル研削盤は、長い間世界的な名声を享受してきました。 共に高い研磨性能と加工精度を持つこれらの研削盤は、市場でトップクラスの機械として認識されています。 その性能と用途の多様性は、タービン業界、自動車業界、航空機業界、油圧業界、エネルギー業界の各社、そして要求の厳しい用途での毎日の機械製造と工具製造によって実証されています。 機械、人間工学性、および経済性が最も重視される分野で高い評価を受けているのです。

1929

カールとマックス・メーゲーレ兄弟がMägerle GmbHを創業。 金属製品の取引。

1932年〜1941年

1932年、Fritz Wunderli AGの研削盤事業買収により、Mägerleは研削技術事業に参入。

1935年、「Lehrenfabrik Gebr. Mägerle GmbH」を設立。 ここでは、機械製造業向けゲージの製造と販売を行いました。

1941年、ウスターにあるFritz Wunderli AGの社屋を購入し、ここに移転しました。 当時は後に主流となった個別駆動方式ではなく集中駆動方式で各機械が駆動されていました。

1944年〜1950年

1944年、Mägerleは油圧駆動のF7シリーズ初となる平面研削盤を発売しました。

カール・メーガーレは彼の社会的責任を強調し、1948年に年金基金を設立しました。 そしてこの機関は今日もまだ存在しています。

1950年: 研削機械に加え、Mägerleはディーゼルエンジン、印刷機、ジッパー機、錠剤プレスおよびチューブ製造機を開発および製造しました。

1979年〜1989年

1979年、MägerleはヒンヴィルのトラクターメーカーBührerを買収し、雇用の確保に貢献しました。 生産はトラクターから機械へとシフトしていきました。 ただし、Bührerトラクターのためのサービスとスペアパーツサービス事業は、その後何年間も維持されました。

1980年、平面研削盤およびプロファイル研削盤に初めて静水圧ガイダンス、静水圧式研削スピンドルおよびオーバーヘッドドレッシング装置が装備されました。 これによって、1時間あたり1kgの切削能力が実現されました。

1985年、MägerleはMFPシリーズ初となるCNC平面研削盤を発売しました。 同社は研削盤の製造への焦点をますます強化し、他の製品は徐々にポートフォリオから消滅していきました。

1988年、カール・メーガーレは自らの会社をエイドリアン・ガッサーが所有するSchmid AGに売却しました。 この繊維関連企業は相乗効果の利用を図ります。 Mägerleの名称とブランドは存続されました。

1989年、ビールにあるMandatecを買収したことで、重要なサプライヤーがGasserグループの傘下に入りました。 1年後、ウスターでの新しいアッセンブリ工場建設計画がスタートしました。

1991年〜1996年

スイスの高品質研削機が、世界中で高い評価を得ます。 Mägerleは順調に成長を遂げました。 1991年、ウスターのアッセンブリ工場はさらに拡大されました。

1994年、エイドリアン・ガッサーはハンブルクからMägerle AG Maschinenfabrikをドイツ・ハンブルクのKörberグループに売却しました。 同じ年、Körberはトゥーンにある研削盤工場Studerも買収しました。 その結果として生まれたSchleifringグループは、研削盤業界で世界有数のサプライヤーとなりました。

不幸中の幸い: 1996年、塗料工場で発生した火災によって従業員1名が負傷し、多額の物的損害が発生しました。 幸い、専門的な防災措置が行なわれていたおかげで、大規模な事故にはおよびませんでした。

2002

Mägerle研削盤への需要はますます増えていきました。 ウスターでは、それ以上の拡大が不可能となりました。 このため、新しい社屋がフェーラルトルフに建設され、またこれは建築賞も受賞しました。 春には、新しい施設への移転準備が整いました。

2009

Mägerleは一貫して、精度、信頼性、および経済性に優れたオーダーメイド研削盤というブランドの約束を守り続けています。 これが今も大きな成功につながっています。 フェーラルトルフの工場はその後、さらに2,000平方メートルの規模で拡大されました。

スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language