Surface & Profile

MÄGERLE BLOHM JUNG

Cylindrical

STUDER SCHAUDT MIKROSA

Tools

WALTER EWAG
  • 高水準の要望のある所で真価を発揮

    早くから、Mägerleの平面およびプロファイル研削機は世界的な名声を博しております。 それは、同じように高水準の研磨能力と加工精度のために、市場で最高級製品として認められています。 また、タービン工業、自動車および航空工業、ハイドロリック工業やエネルギーセクター、機械や工作機製造に携わる企業で、毎日、高い要求を満たすために使用される時、その性能と適用範囲の多様さの点でも、最高級であることが証明されています。 つまり機械工学、人間工学、経営学の質に関する分野で、最も高度な要求に応えます。

  • 1929

    Karl MägerleとMax Mägerle兄弟によりMägerle GmbHが創立。 金属製品取引。

  • 1932

    Fritz Wunderli AG研削機製作所の買収によりMägerleは研削技術分野へ参入。

  • 1935

    測定ジグ工場Gebr. Mägerle GmbHの設立。 その目的は、機械製造用のジグの生産と取引

  • 1941

    Uster所在のFritz Wunderli AGの買収とその建造物の獲得。 機械装備は、後に導入された個別駆動の代わりに、主にセントラル駆動。

  • 1944

    Mägerleはハイドロリック駆動によるF7シリーズ平面研削機を初めて販売。

  • 1948

    Karl Mägerleは社会福祉活動を重視し、スタッフのための保険基金を創設。 この機関は今日なお存続。

  • 1950

    研削機の他にMägerleはディーゼルモーター、印刷機、ファスナー機械、丸剤器、およびにチューブ製造機械を開発と製造。

  • 1979

    MägerleはHinwil 所在のトラクター製造会社Bührerを買収、職場を保護。 製造はトラクターから機械製造に徐々に移行。Bührerトラクターのカスタマーサービスと交換部品サービスをさらに数年間確保します。

  • 1980

    平面およびにプロファイル研削機が、ハイドロスタティック・ガイドウェイ、ハイドロスタティック・ベアリングに取り付けた研削スピンドル、オーバーヘッド・ドレッシング装置で、初めて装備されました。 1時間1Kgの材料移行性能が可能に。

  • 1985

    MägerleはMFPシリーズの最初のCNC平面研削機を市場に導入。 企業はたちまち、研削機械製造に集中。他の製品は次第にポルトフォリオから消滅。

  • 1988

    Karl Mägerleは企業をAdrian Gasser所有のSchmid AGに売却。 このテキスタイル実業家は相乗効果の利用を追求。 Mägerleの名前とマークは存続。

  • 1989

    Biel所在のMandatec社の買収により重要なサプライヤーがGasser帝国に統合されます。 1年後、組み立て工場をUsterに建設するプランが始まります。

  • 1991

    スイス製高品質研削機が世界中で、その名声を博します。 Mägerleの成長が続行。 その結果、Usterの組み立て工場が拡張されます。

  • 1994

    Adrian GasserはMägerle AG MaschinenfabrikをHamburg所在のドイツ企業、Körberグループに売却。 同年、KörberがThun所在の研削機械製造所Studerを買収。

  • 1996

    不幸中の幸い: 塗装作業所の火事でスタッフ1人が負傷し、またかなりの物損が生じます。 幸運とプロフェッショナルな防災措置のお陰で、大きな災難は免れます。

  • 2002

    Mägerle研削機には常に多くの需要があります。 Usterでの空間的な拡張は不可能に。 その結果、Fehraltorfに、建築賞に輝く新しい社屋が建築されます。 春に新しい敷地への移転の準備ができます。

  • 2009

    Mägerleはご注文通りの研削機と、その際立った精度、信頼性、経済性をお客様に提供することを確約いたします。 ビジネスの成功により、この出費は減価償却されます。 Fehraltorfの製造作業場がさらに2000平米拡張。

We use cookies to optimize the functionality of the website and for web analysis. If you use our website, you agree. For further information, including revocation of consent, please refer to our privacy policy (see 法律要件).
I agree