職種

基礎

2008年11月3日付の連邦職業教育技術局(BBT)の基本的な職業訓練に関する条例。

実習期間

基本的な職業教育は4年間です。 ポリメカニックは実習先会社(第1学習場所)で訓練を受け、最大週2日職業訓練校の授業を受けます。 Mägerleでは現在焦点を絞った実習を提供しており、それは機械とアセンブリの組み立てとなっています。

キャリアの見通し

基本的な職業訓練で政府公認の技能証明書を取得後、ポリメカニックはさらに多くの教育制度を利用できます。 エンジニア(専門大学)、経営学士、政府公認 機械士マイスター(学士)、政府公認 産業マイスター(学士)、機械エンジニア(高等専門学校)

MÄGERLEでの実習枠

年間1人または2人(隔年)を採用します。

研修過程

実習

基礎教育の最初の2年間で、知識と技能の幅広い基礎が築かれます。 焦点は穴あけ、ねじ切り、旋削、フライス削り、研削、取り付け、調整、測定、テストなどの加工技術や試運転となります。 この2年間の後、ポリメカニクスとしての基礎教育には、試験の一部として産業分野において外部試験が行われます。 基本的な職業教育の後半での焦点を当てた実習では、実務活動が続きます。 実習のこの段階では、学生は実際の注文やプロジェクトの例による学習を通じて知識とスキルを深めます。 実習期間を通じて、学習方法や作業方法、創造性、柔軟性、チームワーク、独立性、コミュニケーションスキルなどの職業スキルが向上します。 Mägerleでは、特定分野に関して職業訓練センター(第3学習場所)の企業間コース(ÜK)が設定されています。 4年間の基本的な職業訓練の後、同一の事業所における実習論文(IPA)または他の企業において規定された試験論文(VPA)が資格認定手続きとして実施されます。

 

職業学校

職業学校における授業

職業訓練校(第2学習場所)での訓練は段階的に行われます。 プロフィールGでは基本要件、プロファイルEでは拡張要件が設定されています。 成績が十分でない場合、職業訓練中にプロフィールレベルが変更されることがあります。 職業科目は次のとおりです。 一般教育、数学、情報学、学習および作業方法論、物理学、電気工学および制御工学、技術英語、学際的プロジェクト、材料および生産工学、製図および機械技術、体操およびスポーツ。 4年間の基本的な職業訓練の後、職業学校は資格認定の一貫として理論科目の試験を行います。

専門性

入学試験に合格すると、学生は中等職業学校に通うことができ、修了すると職業卒業証書が授与されます。

条件

個人的な要件

ポリメカニックは物理学を面白くし、そして技術との関連にが大きな関心事となっています。 彼らは空間的構造を想像することができます。 ポリメカニックの仕事では、正確さ、徹底さそして慎重さが重要です。 彼らには忍耐力があり、金属加工に興味があり、機械で作業するのが好きです。 彼らはチームで楽しく働き、職人技に熟達しており、そして金属、グリースおよび油に対するアレルギーがありません。 ポリメカニックは特に制御技術と将来の技術分野において、さらなる学習への意欲を持っています。

学校要件

プロフィールG: 高校の中レベル(場合によっては下レベルも考慮) プロフィールE:高等学校の上レベル(場合によっては中レベルも考慮)

Lukas Hürlemann
トレーニングワークショップ・リーダー
pdf, 81 KB
ポリメカニックの実習コンセプト
Download
pdf, 74 KB
ポリメカニックの実習プラン
Download
スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language