職種

基礎

2008年11月3日付の連邦職業教育技術局(BBT)の基本的な職業訓練に関する条例。

キャリアの見通し

基本的な職業訓練で政府公認の技能証明書を取得後、オートメーションエンジニアはさらに多くの教育制度を利用できます。 オートメーションエキスパート、政府公認 電気機械技術マイスター、政府公認 産業マイスター、電気技術者(高等専門学校)、電気技師(専門大学)

Mägerle AGでの実習枠

年間1人または2人(隔年)を採用します。

研修過程

コースの課程

基本的な職業教育は4年間です。 オートメーションエンジニアは、研修先企業(第1学習場所)で訓練を受け、最大週2日職業訓練校の授業を受けます。 Mägerle社では、オートメーション/開閉装置製造と試運転/開発の2つの専門分野を提供しています。 学業成績および職業上の適性は、重点分野の選択に大きく影響します。 この前提に基づき、3年間の基本職業訓練の後、担当トレーナーはどの重点分野に実習生が進めるかを決定します。

実習

基礎教育の最初の2年間で、知識と技能の幅広い基礎が築かれます。 焦点は穴あけ、切断、曲げ、取り付け、配線、テスト、トラブルシューティング、電気回路の設定と測定などの作業技術、そして作業の記録です。 この2年間の後、オートメーションエンジニアとしての基礎教育には、試験の一部として産業分野において外部試験が行われます。 基本的な職業教育の後半での焦点を当てた実習では、実習先会社における活動が続きます。 実習のこの段階では、学生は実際の注文やプロジェクトの例による学習を通じて知識とスキルを深めます。 実習期間を通じて、学習方法や作業方法、創造性、柔軟性、チームワーク、独立性、コミュニケーションスキルなどの職業スキルが向上します。 Mägerleでは毎年実習期間中に職業訓練センターで2〜5週間の企業間コース(ÜK)に参加します(第3学習場所)。 4年間の基本的な職業訓練の後、同一の事業所における実習論文(IPA)が資格認定手続きとして実施されます。

職業学校

職業学校における授業

職業訓練校(第2学習場所)での訓練は通常週2日平日に行われます。 職業科目は次のとおりです。 一般教育、数学、情報学、学習および作業方法論、物理学、学際的プロジェクト、技術 英語、材料および製図技術、電子工学、電気工学、オートメーション、体操およびスポーツ。 4年間の実習の後、職業学校において資格認定手続きによって理論科目の試験が行われます。

専門性

入学試験に合格すると、学生は中等職業学校に通うことができ、修了すると職業卒業証書が授与されます。

条件

個人的な要件

オートメーションエンジニアは算術と代数を楽しく学んでいます。 彼れは実験が楽しみで、技術的な事柄、特に電気工学に興味があります。 この技術分野は抽象的思考を必要とします。 オートメーションエンジニアたちは、慎重かつ正確に作業し、その成果に責任を負います。 彼らの進路においてはさらなる教育への高い意欲を必要とします。

学校要件

高校で中から上の成績。

Tobias Würgler
電気的設置の担当者
Allmendstrasse 50
8320 Fehraltorf
スイス
pdf, 81 KB
オートメーションエンジニアの実習コンセプト
Download
pdf, 74 KB
オートメーションエンジニアの実習プラン
Download
スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language